手袋が要らない白髪染め

昔の白髪染め手袋をはめて染めなければ手が荒れるものでした。
それだけ化学的な成分で染めていたわけです。
液垂れをすれば顔まで荒れたり、頭皮がかぶれたりとなかなか大変な作業でしたね。

しかも白髪染めといえばおばあさんの使うもので、なんだか隠れて染めるものというイメージもありました。

現代では白髪染めアイテムはとても進化して、臭いもないし、ツーンと来る刺激もないし、手袋も要らないし、頭皮は荒れないしかゆくならない、染めてから置く時間もほとんど要らず、色は自然な色合い(ヘナみたいに不自然に赤いということもなく)、A液とB液を混ぜるという手間もなく・・・カンタン楽々になりました。

いまでも古いタイプの白髪染めを使っているとしたら、早く試してみるべきですよ。

現代的な白髪染めにはたとえば、陽の光で発色を深めていくサンカラーマックスや楽天で人気のモンドセレクション受賞白髪染めレフィーネ、などがありますが、当編集部がおすすめするのはこの白髪染め

サスティーの利尻ヘアカラートリートメント
実際スタッフが試してみた中でも最も髪と頭皮にやさしく、もっとも短時間で済み、手数が少ない白髪染めでした。

利尻昆布というネーミングから海臭いニオイがするのかと最初は警戒して使ってみましたが、実際はまったくの無臭。
お風呂でシャンプーの後にトリートメント風に使えばよいので、手間も要りません。
レフィーネなどではキャップをかぶってドライヤーで熱を加える等の行程が生じます。)

ただ、天然素材ばかりだからか、初回の染まり具合は少しものたりなくて、「大丈夫かな?」と心配でした。
これは2〜3回で落ち着いて来ますので心配には及びません。

そして、化学的なものと違って、翌日の髪のパサつきやゴワつきもありません。
昆布の効果なのか、実にさらっとスムーズです♪

感想としては、「いい時代になったなあ」という感じ。
他の白髪染めを苦労して、鼻つまんで使っているなら早く乗り換えるべきですよ!
サスティーの利尻ヘアカラートリートメント。おすすめです!!
利尻ヘアカラートリートメント。いますぐチェック♪

利尻ヘアカラートリートメントならかゆくならない

白髪染めで頭皮が痒くなりやすい方いますよね。
白髪染めをしてから一週間ほどむずがゆいとか、猛烈なかゆみがあるとか、赤くなるとか・・・。
そんな方にも利尻ヘアカラーはおすすめできます。

かゆみを起こす成分としてよく挙がるのはジアミンです。
いままでの白髪染めにはたいてい配合されていました。が、利尻ヘアカラーには無添加。

かぶれやすい方や、敏感肌、アレルギー肌なら一度使ってみましょう。
利尻ヘアカラートリートメントの注文は電話よりネットがお得♪

5~10分で早染め!

利尻ヘアカラートリートメント 1本3150円
記事一覧